*韓流中毒*


   ~韓流生活満喫中~   レスが滞っておりますが、皆様からのコメントにはしっかり目を通しております^^足跡残してくださいね♪遅れながらもお返事します★
by ruby-6_6
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フルハウス #7

ヒジン役のイ・ヨンウンってさ、私が見てる限りでは相手役に恵まれていると言うかその反対と言うか・・・。
『フルハウス』ではドンファンでしょ、『ノンストップ4』ではMCモン、『窈窕淑女』ではシン・ジョンファン。
よくぞここまで集めた!!って感じの個性的なお顔立ち俳優さんばかりです。
『彼女を信じないでください』でカン・ドンウォンの妹役をやった時は彼氏はいなかったよね?



かなり夫婦っぽいヨンジェとジウン。
「何処に行くの?」「帰りは早いの?」「夕飯は?」
何処の夫婦も妻はそんな台詞を吐きますよね?
そんなことを聞くなと怒るヨンジェ。
支度があるから教えてくれたって・・・というジウン、ご尤もです!

ヘウォンはヨンジェとバーで会った時、腕に腕時計の落書きをしていることに気づき「何?」と聞く。
「あヽジウンが落書きしたんだよ」
じゃれあってんのかよッ!と思うよね~
ヨンジェは人のものであることを実感。
ジウンのことを悪く言わないヨンジェに面白くないヘウォン。
つくづく、自分からその手を振り払っておいて身勝手な女だと思うよ!まだミンヒョクのことを愛してるくせに「お前がその手を放すまでは俺もお前の手を放さない」な~んて言わせちゃって!!
(指輪を返してくれたのだけは고마워요♡)

ヨンジェが家に帰ってみると遅い食事中のジウン。(連絡くれないから待ってたんじゃんかよ~!!!)
指輪がヘウォンのところにあったと聞き、「隠してるなんて感じワルー」と言ったらヨンジェは怒るし、事務所に言ったんじゃなくてヘウォンと会ってたんだと告白するヨンジェに面白くない。
どこに行く、誰と会うと聞くな!とここでヨンジェが言うから半スト状態のジウン。
ヨンジェとヘウォンに追い出される空想までしだして、ジウン、ちょっと様子が変です。

ヨンジェの祖母と母に呼び出され絵画鑑賞のジウン。
祖母はジウンのことを未だ「곰세마리コンセマリ(クマ3匹)」と呼ぶけど、母はそれは言わない方がいい、ジウンを見てるとヨンヒョンを思い出すと言う。
ヨンヒョンとはヨンジェの妹で、体が弱く幼くして亡くなっていたのでした。
美術館で会った教授にジウンのことを聞かれた祖母は「ウチの子」と紹介、綺麗だと言われたり、羨ましいと言われ満更でもない。
そんな姿を見てジウンもちょっと嬉しそう。
こうやって距離を縮めていくのね~♡

ヨンジェが家に帰ってみるとジウンがいない。
ジウンは実家の方にまで連れて行かれて家族団欒、食事をしたり4人で花札をしたり・・・。
ヨンジェは自分がプライバシーに干渉するなと言った手前帰りが遅いジウンに連絡できないでいた。(ジウンも私にも聞くな!!と怒ってたしネ)
ジウンは両親のすすめでお泊りすることに。
窓に顔をへばりつけて外の様子を伺うヨンジェ。
そんなにヤキモキするなら連絡しちゃえばいいのに(≧m≦)
と思ったら痺れを切らしたヨンジェはとうとう電話し、「何時だと思ってんだ!どこだ!」
「アナタの部屋よ」に今いる部屋を見回すヨンジェがおとぼけ君でとっても可愛い♡
病気が治るわけでもないのに泣くなと父に言われ泣かなかったヨンヒョンの話をし、逆にいつも泣いていたヘウォンの話までするヨンジェ。
彼女の泣きべそを治す特効薬はアイスクリームだった聞いたジウン。
機嫌のよくないヨンジェを盛り上げるためにジウンが食べさせたのもアイスクリームだったね。
ヨンジェは嬉しそうに思い出話を聞かすけど、衝撃を受けたジウン。
ヨンジェはなんで今から迎えに行こうか?なんて言ったんだろう。
一緒じゃないのが寂しいの?
明日のご飯はどうすんの?なんて誤魔化してたけど、あんた分かってるの?

ヨンジェの影にヘウォンありと確信したジウンは、帰るなり住居空間共同使用計画書なるものを。
二人が同じ空間に極力いたくないと考え、リビングを使う時間をきっちり分けるという時間表。
実行させられたものの、それでは物足らなく感じるヨンジェは難癖つけてジウンにそばをウロチョロさせる。
それでも無視状態が続くから、怒らせてみたりパソコン無断で消してみたり・・・(ちゃんとフロッピーに保存してて良かったよ~^^)
おイタが過ぎてジウンを泣かしちゃうヨンジェが機嫌を直そうと「アイス食べる?」なんて聞いたりするから更にジウンはブチ切れ。
「アイスクリームなんか嫌いだ~!!」
え、好きだったはずなのに、乙女心と秋の空♪
ヨンジェは『3匹のクマ』を何度も歌わされて機嫌を直す。
ジウンは眠れずに何を思う?
自分の気持ちに戸惑ってるんだよね。

映画の試写会に足を運ぶ途中、ジウンはミンヒョクに、
9歳から・・・アイスクリームの思い出がたくさんあるの
自転車とマジックランド・・・あんなことなかったらなぁ・・・
ひょっとしてヨンジェがヘウォンさんに自転車教えたんですか?

これ以上ないって程、ジウンのヨンジェへの想いが伝わってくる大きな声のひとり言。
ヘウォンの二番煎じはイヤ、自分とヨンジェだけしか持っていない思い出を作りたい。。。
「ヘウォンに教えたのは私です」というミンヒョクの言葉に「良かった」と喜ぶジウン。
試写会場でヘウォンに会ったジウンは彼女に「ヨンジェを好きでもないのにどうして苦しめるの?ヨンジェは暇つぶしの道具?ヨンジェを開放してやってください」と言うんだけど、試写会場にミンヒョクと現れたジウンに面白くないヘウォンは、どちらがヨンジェの心を捕まえられるか賭けをしようと言い出す。
ヨンジェの気持ちを知ってるだけにジウンには部が悪い賭けだけど・・・知ってる?こう言うのって言い出しっぺが負けるんだよ!

早速試写が終わったら一緒に出ようとヘウォンはヨンジェを誘うけど、ジウンも来るから・・・と躊躇するヨンジェ。
でもヘウォンは放す気がないみたい。
ジウンは試写どころじゃないよ~自信がなくて喫茶店で茫然自失のまま。

会場に姿を現さないジウンを心配しつつも、ヘウォンと出かけることになるヨンジェ。
そこにジウンが。
映画を見てないと知って声を荒げるヨンジェは、ヘウォンと出かけるとジウンに。
가지마カジマ(行かないで) 
あなたが今行ったら・・・
ご飯ないわよッ!!!」
韓ドラの法則、行くなと言った時は必ず行かれてしまう_| ̄|○
一人残されたジウン、そんなジウンを残してきたことをちょっと心配してドングウンに電話するヨンジェ。

ヘウォンはこの時とばかり、小さい頃二人が遊んだ公園(アソコのシーンが学校?)に行き思い出話、そしてホッペにポッポまで・・・* ^)(。・_・。)
あんたのその行動はゲームなの?
ヨンジェがヘウォンを想ってるくらいヘウォンの心の中にもヨンジェはいるの?
ヨンジェに対して気持ち踏みにじるようなことだけはしないでよ!

ヨンジェが家に帰ってみると、ジウンがポツンと一人。
「お前本当に何かあったんじゃないのか?アイスクリーム食うか?」
ジウン、アイスクリームと言う言葉にまたキレます。
二度と食べない、虫唾が走るまで・・・(^^;
アイスクリームの代わりに、これからは薔薇の花を買ってと言うジウン。
高くてもバラ以外はダメ!と駄々をこねるジウンに笑うヨンジェ。
「笑わないで、笑顔なんか見たら・・・情が移るじゃない
ひゃ~~ジウン!
「イ・ヨンジェ씨、ある人を守るってことは、その人を好きだって意味でしょ?
ヨンジェはヘウォンさんを守って、私はヨンジェを守ったげるから」
「え?」
「私・・・ヨンジェのこと・・・好きみたい
とうとう自分の気持ちを口に出して言ってしまった!!!
あ~だけどね~(U_U)
[PR]
by ruby-6_6 | 2006-02-02 16:54 | フルハウス

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧