*韓流中毒*


   ~韓流生活満喫中~   レスが滞っておりますが、皆様からのコメントにはしっかり目を通しております^^足跡残してくださいね♪遅れながらもお返事します★
by ruby-6_6
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

悪い男

街角で見かけた可憐な女子大生ソナ(ウォン)に一目惚れした、孤独なヤクザ ハンギ(ジェヒョン)。
強引にソナの唇を奪った彼は、平手打ちと侮蔑の眼差しを注がれて深い屈辱を味わうことに。
つよい復讐心と所有欲にかられてハンギは、自分の仕切る売春宿にソナを娼婦として売り飛ばす策略を実行。
マジックミラー越しにソナが娼婦へと変貌する姿を見守るが、恥辱と恐怖に脅えるソナに自責の念を抱くようになる。。。


悪い男
チョ・ジェヒョン / / エスピーオー
ISBN : B0002CHQ0I
スコア選択: ※※※




女性蔑視か、究極の恋愛か!とDVDのケースに書いてありました。
うん、うん。
でも、やっぱり屈折した愛って感じかな…。
やくざな世界なので、ハードボイルド系ですが、目を塞いでしまうような映画ではありませんでした。
暴力シーンあり、濡れ場あり、と18禁かと思いきや15禁だったので、それほどでもないんだな。
怖いとか、気持ち悪いとか、そんな映画ではなく、哀しい気持ちでいっぱいになりました。
自分の気持ちを素直に表現キ出来ないヤクザ、清楚な女子大生が日に日に娼婦になっていく姿。
ラストだって結局こんな生活をしていくのか…って話になってるし。
愛情を素直に表現できないって哀しいね。

策略にハメられて売り飛ばされてしまう訳で…今でももしかしたらこんな世界があったりするんじゃないの!?
日本でもあり!?
今まで私が見てきたドラマは、ソフトで、清らかなものが殆どだったけど、やっぱりこんな感じの作品もあるのね~

この作品を撮ったキドク監督は海外でとても高い評価を受けているようです。
確かに社会性のある作品でした。
『悪い女』ってのもあったから、そっちも機会があったら見てみようかな。

そうそう、ちょっと不思議に思ってるコトが一つ。
ふじいあきらのマジックみたいな、あの写真はどういうことだったんだろう…。
[PR]
# by ruby-6_6 | 2004-11-20 21:58 | 映画

ゴミ捨て場で妊娠中の女子高校生と引きずり出された対峙の死体が発見され、バスの中で臨月の腹部を切り裂かれて殺された。その手口は1年前に起きた6つの連続殺人と酷似。犯人のシン・ヒョン(チョ・スンウ)は収監されており犯行に及ぶことは出来ない。事件を担当する女性刑事のキム・ミヨン(ヨム・ジョンア)と刑事カン・テヒョン(チ・ジニ)が捜査にあたるが、第3、第4の殺人事件が起きる。模倣犯か、それともシン・ヒョンの指示による犯行か。謎は深まるばかりだった…。

H [エイチ] 特別版
チョ・スンウ / / ワーナー・ホーム・ビデオ
スコア選択: ★★★



なんで『H』なのかなぁ~と思っていたら、最後に分かりました。
H○○○○sis…。ネタバレになっちゃいますからね…(^-^;
怖い話かなぁ~と思ってずっと借りるの躊躇っていたんですが、そんなこと言ってられません(^^;
チョ・スンウ씨いいですねぇ♡
登場している時間は少ないと思うんだけど、存在感があるのです。
あれ?事件とは関係ないのかな?お?含みのある笑いだな…と最後までやられました。
女性刑事役のヨム・ジョンアは喫煙者ではないのかな?とってもタバコを吸うシーンがぎこちなく見えたんたんだけど…。
吸わせなくてもいいんじゃなかったの?と思っていたらラストシーンに必要だったのね…(仕方ないな…)
ちょっと映像がグロいので、それが大丈夫な人にはお薦めです。(まぁ私が見られたのでだいたいの人は大丈夫だと思います^^)
[PR]
# by ruby-6_6 | 2004-11-20 21:57 | 映画

スキャンダル

言わずと知れたペ・ヨンジュン初主演映画。

b0067473_9313850.jpg* 一途な愛か。禁断の誘惑か。*
李朝高官の妻・チョ夫人(イ・ミンス)は、豊富な女性遍歴を持つ従兄弟のウォン(ペ・ヨンジュン)に、夫の側室を誘惑するよう持ちかける。しかしウォンの狙いは、嫁ぐ前に夫を失い9年も操を守り続ける未亡人ヒヨン(チョン・ドヨン)。そこでウォンは、ヒヨンを落とせるか、初恋の相手でもあるチョ夫人と賭けをする。初めは悪戯(ゲーム)だったウォンの度重なる熱心なアプローチ。ついにヒヨンはウォンの手に落ちる。しかし、チョ夫人の有無を言わせぬ計略に、ウォンはヒヨンに別れを告げることになる。ショックでやつれ果てたヒヨンのことを聞いたウォンは、初めて彼女への愛に気づくが…。


ヨンジュン씨の大腿部の中途半端なお毛々に不覚にも衝撃を受け(エッ、ミニョン씨ノ足ハコンナジャナイッショ!!)、一緒に見ていた母に「あれは違う人の足かもよ~」と有り得ない慰められ方をされました(・・;)
綺麗な足タレが代わっているならまだしもも中途半端でしょーよ(UU;
そんなコト言ってたらヨン様ファンにお叱りを受けてしまいますね、お尻も鍛えられた背筋も素敵でした♡
-とにかく、私は李炳憲씨の裸体が綺麗ならばそれで満足なので(ナンノコッチャ)-
ここ最近立て続けにチョン・ドヨンの作品を見ていましたが、どの作品の女性も見事に違うキャラクターで、彼女の演技と醸し出す雰囲気の実力に脱帽しました。
最初は頑なに男性との接触を避ける姿、ウォンへの気持ちを知って苦悩する姿、全部を受け入れて一途に人を愛する可愛い姿、良かったです。
彼女のラストシーンもピリッとしたものを感じて、あれがベスト☆
存在感、オーラ丸出しだったのはイ・ミスク。
強さの中にも儚い想いと、少女の頃の気持ちが交錯、屈折した愛を押し通そうとしたが故に全てを失う姿が切なかった。
ヨンジュン씨の何処が良かった?と聞かれると、言葉に詰まります。
遊びで罠をしかけている時と、ヒヨンを愛しく思っていく感情の移り変わりがうまく伝わってこなかったな~と思って。
立ち居振舞いも、殺陣も綺麗でしたよ♪
冬ソナのイメージと違って、中高年の皆様はプレイボーイのヨン様をしっかり受け入れられたのかしら?あんなふうにされたいわ…♡とか思ったのかな。ポッ♡
ヨンジュン씨ファンの方は勿論、二人の女優さんの演技に唸りたい方は見てみるのも悪くないと思います。
[PR]
# by ruby-6_6 | 2004-11-20 21:55 | 映画

イルマーレ

1999年、ウンジュ(チョン・ジヒョン)は住んでいた海辺の家<イルマーレ>を離れようとしていた。次に住む人に「私宛の手紙が届く筈ですので、新しい住所に転送して下さい」というメッセージを残して。しかし、それは不思議にも時を越え、97年に<イルマーレ>に住む青年ソンヒョン(イ・ジョンジェ)のもとに届いてしまう。やがて二人は、二年の時を隔てたまま文通を始める。。。

イルマーレ THE PERFECT COLLECTION
チョン・ジヒョン / / 松竹
ISBN : B0007WAD26
スコア選択: ※※※




有り得ないでしょー!?という設定です。
まぁ恋愛映画なら設定は無視でもいっか♪(^-^;
でも、違和感なく二人がお互いを思いやったり励ましたりしていって…。
気持ちを伝える手段が『手紙』ってなところがもどかしくて、せつなくて…。
何年か前までは、こうやって気持ちを伝えあっていたんだよなぁ~なんてノスタルジックな気分になり・・・(U_U*)
二人の2年の時間のズレをどうやって「現在の出会い」にするのか見当がつきつつも、「おーバックトゥザフューチャーやんけ!!」な~んて楽しんでしまった☆
二人の生活の・・・どちらにも存在して飼われているワンちゃん「コーラ」がとっても可愛かった♪
[PR]
# by ruby-6_6 | 2004-11-20 21:52 | 映画

解禁♪

とうとう L.B.H DVD-BOX、開けちゃいました♪
でも、今日は中身の確認だけ(^o^;
何が入ってるかぁ~
ファンミーティングの応募用紙はちゃんと入ってるかぁ~
ひとつひとつを確認して、ニンマリするだけして、お宝収納箇所にしまいました。
運のいい人には写真に直筆サインつき☆だったんだけど
・・・・・・・私は不運の人でした。(残念っ!!)
[PR]
# by ruby-6_6 | 2004-11-20 17:57 | イ・ビョンホン

ひまわり

やっと見ました。
もちろん、ビョンホン씨の『ひまわり』です(U_U*)

人気俳優で繋ぐTV映画シリーズ「ラブストーリー」
・・・という名のとおり、毎回豪華キャストを揃えたことで大反響だったシリーズ。
その第1回作品。
共演は、ミス・コリアのイ・スンヨン。

b0067473_2313292.jpg
地下駐車場の料金所に勤務するスンヒ(イ・スンヨン)は、自分の行動を常に監視している男の存在を感じて不安を覚える。
同じビルの日本料理店の板前テソン(イ・ビョンホン)は、スンヒに好意を持ち何かと話しかけるが、子供の頃に父親から受けた虐待により人を愛することを避けているスンヒは、かたくなに心を開こうとはしない。
そして次第に姿なきストーカー行為はエスカレート。
心配するテソンは、協力を買って出るが、物語は意外な結末を。。。


今月26日からレンタルも開始されるみたいだし、彼に関する雑誌等を読めばどんな内容の作品かわかりますよね。
「ラブストーリー」とおっしゃいますが、これが第1回作品でいいの?
と思ってしまったのは私だけなのかしら。。。
純愛とか熱愛とか、そう言った類のLoveではありません。
猟奇的な愛と言えばいいのかな。
決してあってはならない愛の形なんだけど、ビョンホン씨が演じると苦悩する姿、冷ややかな視線がとても美しく感じられます。
なんでどんな役でも完璧に演じてくれるお方なのよね。。。(*^人^*)
板さん姿も眩しかったゎ☆
胸に「和幸」だなんて書いてあると、それだけで嬉しくなってしまうお莫伽な私(U_U;)

余談ではありますが、
ソン・スンホン씨が登場と言っても、ホントにちょびっとなんですね(^o^;
[PR]
# by ruby-6_6 | 2004-11-19 23:15 | イ・ビョンホン

危うく見逃すトコでした(^-^;

最近ゴタゴタしていたので、今朝のNHK「生活ほっと」に
イ・ビョンホン氏が出演するのをすっかり忘れていた私。
私が彼に熱中していることはおいおい垣間見られると思いますが、
これは最大の不覚!!(T^T)

ですが持つべきものは友。
「NHKに好きだって言ってた人、出てるんじゃない?」
とメールをくれたおかげで何とか拝顔に成功♪
感謝です(^人^)

何分前からやっていたのか…
録画するつもりでいたのに台無しだョ…
最近 民放で放送されてる番組よりも、結構ポイント高い作りになってるじゃない!?
といろんな事が頭の中をグルグル(U_U;)

「目がいい♪」「声がいい♪」 はいはい、その通りでございます。
作品への緻密な取り組み、真摯な姿勢、仰ってる通りです!!
あぁーうずうずするっ!
やっぱり今日こそはDVD-BOX開封しちゃおう♪ (m^o^m)
[PR]
# by ruby-6_6 | 2004-11-18 13:11 | イ・ビョンホン

よろしくお願いします♪

ブログはじめました。
今春からハマっている韓国ドラマを中心に、
思いついたコトを徒然と記していきたいと思っています。
[PR]
# by ruby-6_6 | 2004-11-18 11:02 | rubyのつぶやき

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧